2008年11月7日

08/11/06-2

7ème étage
パリにその駐車場はある。7階建。主にプライベートパーキングとなっている。1920年代に建てられたその駐車場は当時としては革新的な構造・コンクリート造で造られており、パリの歴史保存建築に指定されている。明らかに周りから一つ飛び抜けた7階のテラスからはパリのパノラマが見える。エッフェル塔、凱旋門、、こちらから見えると言うことはあちらからも見えるってことだが、こんな建築があるなんて向こうからはなかなか気付かないものだ。
7階の最上階。そこはアルピーヌを創始者ジャンレデレさんのアトリエである。もともとこの建物自体はレデレさんが造ったものだそうだ。現在は息子さんのシャルルさんが受け継ぎ、彼のコレクションを保存している。今回はシャルルさんの奥さんが案内してくれた。
彼のコレクションは広い平面の窓際にずらりと並んでいる。戦前の星マークのルノー、4CVスペシャルから始まるAlpineの各シリーズが数台ずつ、コンペティションマシン、F3、F1。。どれもすぐ動く状態にしてあるとのこと。
A110初期型。ゴルディーニエンジン。
A210, A110, A108....ぐるっと見渡すと目眩がしてくる。
まさに別世界。 奥さんはとっても気さくな方で、どれでも乗って良いよ。なんて言ってくれて、お言葉に甘えていろいろ乗ってしまいました。初めて実車を見るもの座るものいろいろあり、まだ興奮さめやらぬ状態。とりあえず今日はこのくらいにして、また後日詳細をお伝えします。

2 件のコメント:

tanshin さんのコメント...

おお~~!いいとこ行きましたねえ。在ることは知っていましたが・・・さすがに素晴らしいコレクションですね。

midori さんのコメント...

tanshinさん
やばいです。これらが全て個人のコレクション。ぴかぴか。全部動く。笑っちゃいます。
夜が明けたら帰国の途に着くので帰ったら落ち着いてUPします。