2008年8月19日

08/08/19

さぬき 今日は早朝の飛行機で高松へ出張。搭乗を待つ羽田空港ロビーから。いつも思うのだけれど東京湾の水面に浮かぶ船の多さに驚く。貨物船、タンカー、旅客船、漁船等々。陸からは計り知れないけれど、なんだかんだいって水運というものに支えられているのだろうと思う。
高松空港に到着後高松港へ関係者をピックアップ。港の向こうに不思議な影の屋島が見える。すごい昔、家族旅行で宇野からフェリーでここに来た。という、記憶があるが地名以外はあまり覚えていない。
今日はアクリル工場の見学と打ち合わせ。知る人ぞ知る世界屈指のアクリルメーカーは香川にある。世界のほとんどの巨大水槽はこの工場が制作したものだ。沖縄美ら海水族館とか。これはアクリルの原材、30ミリから50ミリの厚みの板。
先ほどの原板を、水槽の水圧に耐える厚さに、場合によっては何十枚も重合接着して重ねていく。ちなみに美ら海は総計70センチの厚さ。もちろんあの大きさ、元から一枚板のはずはなく、何枚もの単板の積層と縦横の接着で出来ているのだから大変なもの。接着面の削り、磨き、接着、曲げ等々、すごい精度が必要なのだが、機械行程の後、最終的には手と目でやらないと出来ないらしい。
これはロシアの水族館用のアクリルの50ミリ。これから磨きをするらしい。これを曲げるだけで一ヶ月かかるとのこと。非常に興味深い工場だった。工場見学の後打ち合わせ。
で、お昼はさぬきうどんでしょう。工場の人に、「源内」というところに連れて行って頂く。 ちなみに、http://www.gennai.co.jp/
定番の、まずはおでん。白みそに芥子が絶妙。大変・大変美味しかった。
頂いたのは、かしわうどん。東京では蕎麦ばっかりだけど、こっちではやっぱりうどんが美味しいですね。うどんというか別物です。腹ごしらえして午後からまた打ち合わせ。仕事の方もうまくいくと良いが。。。

2 件のコメント:

ミノジー さんのコメント...

お〜、凄い厚みのアクリル・・
まさか・・削り出しで、ウインカーレンズ製作の打ち合せを・・な〜んて事ないと思いますが。

う〜ん、おでん と うどん が食べたくなりましたよ。

midori さんのコメント...

余ったらお分けします。というのは冗談・・ほんとすごいアクリルでした。何にも使えないけど固まり見るとなんだか欲しくなりますよ!