2009年1月26日

09/01/25

内装黒化
染めQスプレー。黒とつや消しクリア。試しに吹いてみると結構ちゃんと染まる。だが、結構艶々テカテカになってしまうので、つや消しクリアを吹くことにする。
ネズミ色革部分にマスキングを施す。革の端部の多くの部分はボディに張った後、ウィンドウ・シールのゴムに挟まれているので丁度ゴムの端と金属部分(後部窓のコンパス部分等)にまず細かいマスキングをしてから、シート付きのマスキングテープを施す。
はやる気持ちを抑えてなるべく丁寧にマスキングする。床部分はどうせカーペットで隠れるので、隠れるあたりまでマスキングする。
で、染めQを吹く。染めQは案外薄い色をしていて最初若干はじくような挙動を示すが、ちょっと時間を置くと落ち着く。 浸透していくってこと?しかし、なぜ故に染まるのかなあ?
乾いたら更に二度塗り・三度塗りをかけて黒を濃くしていく。
Cピラー部分。実際はこのCピラーは天井材のはずだが、もう既にネズミが張ってあるので、ここも黒に染めるすることにする。 ホントは天井材も換えたいなあ・・。
センタートンネル部分も同様にしてマスキングしてから吹き付けていく。 大体うまくいっているんじゃないかな。悲しいかな、露天作業ゆえ暗くなったら撤収。暗がりで黒塗りは難しい。

2 件のコメント:

BoB さんのコメント...

私も愛用してますよ~(笑)。
ステアリングハンドル、コラムカバー、ベンチレーションとか小物中心です。結構うまくいくし、耐久性もOKみたいです。

midori さんのコメント...

BoBさんもご愛用ですか!それは心強い。
ステアリングもOKですか。
案外綺麗に染まるんで驚きました。